神奈川温泉~神奈川の人気日帰り温泉・スーパー銭湯に行こう!

箱根・湯河原だけじゃない!横浜に川崎、そして湘南エリアや小田原にも、日帰り利用できる魅力的な温泉がたくさんあります。自宅・職場から気軽に行ける“近場の温泉”を探して、日頃のストレスや疲れを発散しリラックスしましょう。
トップページ管理人訪問レポート

横浜みなとみらいの夜景一望~インスパ横浜

写真

プレミアムフライデーとなった6月末、向かった先は横浜ベイエリアで人気の「インスパ横浜」。本当は夕暮れをテラスから見ようと思っていたのだが、ナビの設定ミスでみなとみらいを迷走する羽目になり、到着した時はもう真っ暗。

●INSPA(インスパ)横浜

写真

メインは月額会費制のフィットネスクラブ&スパなのだが、日帰り利用も可能。ただその場合、事前に「リゾート登録」というのを公式サイト上でやっておいたほうがよかったらしい。完全に見落としていたので、ロビーの一角に置かれたタブレットから登録作業を行った。

入館料は、時間制限がないプランが「レギュラー入館」で2,500円。
1時間以内なら1,050円の「スピード入館」。

24時以降の深夜割増は1,500円なので、深夜滞在して利用する場合は合計4,000円となる。
@nifty温泉のクーポン利用で500円引き。

すべて、館内着・バスタオル・フェイスタオルのレンタルが含まれた金額だ。

写真

まずは館内探索。
3Fのレストラン「客座(ギャザ)」では凝った料理が食べられるようだ。

ただとっても残念なことに、ラストオーダーが21時だったことを見落とし、温泉から出てきたらもう終わってしまっていた。

写真

食べられないと思うとどれも魅力的に見えてしまうのが人のサガ。
1,500円のランチも魅力的なので、次回こそ。

写真

それでも助かったのは、4Fにカフェバーがあり、こちらが金曜日は深夜2時まで営業だったこと。

写真

カフェバーとはいっても、定食もあれば焼きそばまで。
さらに夏はテラスでの飲食もOKとのこと。

そのテラスがどんなところかというと・・・

写真

これが期待以上に感動。
目の前に横浜みなとみらいの夜景が一望できるのだ。

写真

しかもガラスの柵の手前は浅いプールになっていて、テーブルはその中に並んでいる。

写真

ちょっと冷たいかなと思ったけどそれほどでもなく、裸足にひんやり心地良い。
私が訪れた金曜日の夜はガラガラでほとんど人がいなかったが、ランチタイムなどはきっと人気の席なのだろう。

写真

やや距離はあるものの、見事な夜景。

写真

さらに屋外に設置された階段をあがって上に行くと、そこにもスペースがあり、ソファが置かれている。

写真

翌朝撮影した写真がこれ。
かなり贅沢なバルコニーだ。

写真

そしてテーブルエリアはこちら。
7月1日からはここでビアガーデンも始まる。

写真

7月中旬に行われる花火大会のテラス特別席の予約受付も行われていた。

写真

ちなみにここで食べた唐揚げの野菜あんかけ、美味しかった!!!
そして悩んだ末、ビールも飲んでしまい、日帰り予定が深夜滞在に(バイクで来ていたため)。

ただ予定変更してゆっくり滞在するだけの価値ある施設だった。

写真

ネイルやエステも受けられるヘアサロン。

写真

パソコンスペース。

写真

岩盤浴は2部屋。
ひとつは女性専用の七色健美。

写真

窓の外はテラス席になっている。

写真

もうひとつ男女共用のSTONE SPA。

写真

このだだっ広い部屋は「遠赤ドーム」。

富士山の溶岩石を800度の窯で焼き、室内を暖めます。 真っ赤に燃える溶岩石からは遠赤外線・バナジウム・マイナスイオンが大量に放出され体の深部を温め、細胞を活性化させます。

写真

ストレッチやヨガなど、30分単位のホットプログラムが毎日開催されており、私も到着してすぐ、30分の「溶岩デトックス」に参加した。講師の人の指導でストレッチやリンパマッサージなどを行うものなんだけど、部屋の熱さもあってすぐに汗だらだらに。


写真

ちょっと高い場所があり、ここは溶岩石のある窯から離れているため、温度がそれほど高くなく、雑誌など持ち込んでごろり横たわって読んでいる人なども。場所によって温度が違うので、割と長く利用できるのがいいところ。

写真

ここからの眺めもいい。
テレビも壁に埋め込まれていた。

写真

ここまではすべて4Fにあるのだが、下に降りて2Fに行くと、そこは仮眠室スペース。
こちらが男女共用の仮眠室。

写真

こちらは少し明るく女性専用の仮眠室。

写真

各チェアにテレビ付き。
結局この部屋で深夜滞在したのは、自分含めて4名だけだった。なのでとっても静かでぐっすり眠れた。

写真

そして浴室はレストランと同じ3Fにある。
順序が前後しているが、到着したら最初にこのフロアの更衣室にやってきて、ここで館内着に着替え入浴し、その後更衣室内から続く通路と階段で2Fや4Fに行って他の施設を利用するというシステムだ(最初慣れないと迷う)。

写真

温泉は海底1,500mからくみ上げた天然温泉。

内湯は普通の白湯で、露天風呂が温泉になっている。
塩分が強く、肌もぬるりとした感触に。

露天風呂というより、半露天といった感じかもしれない。天井があり、外との間には格子がはまっている。その格子越しに、テラスからと同様、みなとみらいの夜景を見ることができる。

内湯もオーシャンビューの湯船も、どちらも横に長細い形をしているので、他のお客さんと向かい合ってしまうこともなく、湯船に入ったそのへりにすぐ座ってしまえるのは便利。

ミストサウナと水風呂もあった。

深夜もずっと入浴が可能で、0時過ぎに来たら他に誰もおらず貸切状態。翌朝6時前に訪れた時も同じく。

たまたま月末で空いていただけかもしれないが、なかなか贅沢な体験ができた。

写真

「非常にいい」という噂だけはずっと聞いていたものの、訪れたのはこれが初めて。
公式サイトを見ると、ビアガーデンだったり宴会パックだったりといろいろ組み合わせての利用も可能なようだ。

他の人を連れてきてもきっと喜んでもらえる場所だと思うので、また改めて計画して来たいと思う。

●INSPA(インスパ)横浜

こんな温泉に行きたい!